刺青

刺青除去

刺青

昔とは違い、安易にファッション感覚で刺青をいれられることが多くなってきました。
しかし、刺青は社会生活をおくる上で障害になることも多く、刺青除去を余儀なくされることがでてきます。刺青は、入れるのは簡単ですが、消すのには大変な労力と費用がかかることを十分ご理解いただく必要があります。レーザーで簡単にとれるなどと安易に考えるのは大きな間違いです。しかし、若気の至りを精算しようと決意した時には、信頼できる医療機関が対応すべきであると考えています。

刺青の範囲、場所の考慮は当然ながら、今後の社会生活も考慮に入れながら、できるだけ治療期間も費用もご負担にならないような施術法をご提案するようにしています。

刺青の問題点

就職の問題
刺青は社会的に認められていないため、公務員、大企業への就職が困難になります。
公共の場への立ち入り禁止
お風呂やプールに行くことを制限されます。
結婚や出産
刺青が原因で婚約解消されることがあります。
医療用検査の制約
断層撮影のMRIを受けることができません。
生命保険への加入の制約
モラルリスクや医学的リスクのために、生命保険に加入できないことがあります。
アレルギー反応
刺青の染料と色素剤が原因で、アレルギーを起こすことがあります。

治療

切除による刺青除去

刺青部分の皮膚を切り取りって形成外科的に縫合し、目立ちにくい傷あとと取り替えることによって刺青をなくす方法です。どんなに丁寧に縫合してもある程度の傷跡は残りますが、レーザー治療と違って、刺青の色や濃さに関係なく完全に刺青をなくすことができます。

・単純縫縮法
皮膚を紡錘形に切り取って刺青を除去し縫合閉鎖する手術法です。小さいものや細長い刺青で、皮膚に余裕がある部位の場合は、1回で全て切除が可能です。
・分割切除法
範囲の広い刺青や皮膚に余裕がない部位の場合は、2~3回に分けて分割して単純縫縮切除します。分割切除の場合、皮膚が伸びて十分ゆとりができてから次の手術を行いますので、治療の間隔を3~6カ月あける必要があります。
・局所皮弁法
皮膚に余裕のない部位では刺青除去後に縫合閉鎖できないため、横の組織で皮弁を作り、その皮弁を移動させてきて閉鎖する局所皮弁法を使うと、刺青を1回で切除することも可能です。場合によりこの術式を選択します。
・皮膚剥削法
広範囲の刺青で切除が難しい場合に、刺青がなくなる深さまで皮膚を削り取ることにより刺青を除去します。傷あとの目立ちにくさとしては期待できませんが、広範囲の刺青でもとりあえず1回で除去可能というメリットがあります。この場合も広範囲にわたる場合は、分割して除去していきます。1回の施術での切除可能面積は、麻酔量と術後の傷の管理の問題から、10cm角程度の大きさを推奨しています。
レーザー治療による刺青除去

レーザー照射により、正常な皮膚に極力負担をかけずに刺青を除去する治療です。手術のようにはっきりとした傷あとは残りませんが、完全に消えずに一部が残ったり、薄くなる程度で終わったり、傷跡やケロイド状になることもあります。そのような皮膚の変化を残すと、刺青の形によっては、もとの形が読めてしまうことにつながることもあります。刺青の中でもアートメイクなどは少ない回数の照射で消せることが多いため、レーザー治療が第一選択となります。

・治療方法
  • 皮膚深部までレーザーが到達するQスイッチYAGレーザーを使用します。
  • 最低でも数回(場合により10回以上)の照射が必要です。
  • 2,3ヶ月はあけて照射したいため、長い治療期間が必要となります。
  • 表面麻酔を行いますが、照射時の痛みは避けられません。
・色物の刺青治療について
黒以外の刺青にも対応できる機種であるQスイッチYAGレーザーで治療いたしますが、特に緑、黄色などレーザー治療の限界となりやすい色素の完全除去は難しいと考えるべきと思われます。この場合は手術での治療の方が確実です。

料金

刺青除去の料金案内はこちら