しみ治療レーザー(スペクトラ)

色素性疾患治療(しみ、太田母斑など)

スペクトラ(QスイッチYAGレーザー)

スペクトラとは

「スペクトラ」は、の2波長(532nm(KTPレーザー)と1064nm(Nd:YAGレーザー))をもつ医療用QスイッチYAGレーザーです。この2種類の波長を使い分けることによって、浅いしみから深い色素まで、1台で幅広く治療することが可能です。アメリカFDA承認レーザーで、安全性、効果とも非常に高いレーザーです。照射方法を変えることにより、従来レーザー治療ができなかった肝斑治療も可能になりました。
(詳しくは肝斑レーザートーニング)

「スペクトラ」は安全性、効果とも非常に高いレーザーです

スペクトラでの色素治療

  • 一般的なしみ(老人性色素斑など)は、ほとんど1回で治療可能です。
  • 深在性の色素(太田母斑、ADMなど)は数ヶ月毎に数回の治療が必要となります。
  • 照射時に輪ゴムではじかれたような痛みがあります。
    痛みに弱い方は、麻酔のシールの貼付や麻酔薬外用後に施術します。
  • 照射部分にできるかさぶたは、施術後テープを7~10日間程貼って保護します。
    (ご希望により、施術後のテープなしでも場合によっては可)
  • 施術後1ヶ月目にかけて炎症性色素沈着がおこる場合も少なくないですが、半年ほどで軽快します。

スペクトラ(532nm波長)の他の一般的しみ治療レーザーとの違い

しみ治療について(浅在性色素)
しみ治療について
  • 茶色への反応が上がり、より薄い色のしみにも対応しやすくなりました。
  • パルス幅が短い(5ns:アレックスレーザーの1/10)のため、治療の切れがいい。(短い1ショット照射時間に高パワーが集中できるため、しみが綺麗にとれる)
  • しみ治療時の532nm波長では、余分に深くレーザーが入らないため、施術後の赤みが少ない。
  • 施術後にできるかさぶたの厚さが従来よりも薄い。
太田母斑・ADMなどについて(深在性色素)
  • 照射時の疼痛が少ない
  • 表皮にダメージを与えない
    (かさぶたができにくいため、メイクで隠しやすい)

症例

症例

よくあるご質問

レーザー照射時の痛みはありますか?
輪ゴムではじかれたような痛みがありますが、ほとんどの方は氷冷だけで施術可能です。 ご希望の場合は麻酔のご用意があります。
施術後の痛みはありますか?
1~2時間ほどヒリヒリしますが、その後の痛みはかなり少なくなります。
施術後のテープはどのくらい貼っておきますか?
炎症性色素沈着の予防もかねて7~10日ほど貼っておきます。
ご希望があれば、場合により保護テープなしでも行います。
施術後、洗顔やお化粧はできますか?
貼ったテープの上から、洗顔もお化粧も可能です。
炎症性色素沈着がおきた場合はどうなりますか?
お顔の場合は半年ぐらいで消えていくことが多いです。美白外用薬を使用するとその程度も軽く、早く軽快しやすいです。

料金

しみ治療の料金案内はこちら